お知らせ

|1|23
|1|23
|1|23
|1|23
1|23

2016.03.11 Update

森—いのちのかたち
木と人とのかかわり、森が育む「いのち」をみつめる企画展。「いのち」をみつめ、その「かたち」を表現するいせひでこ(絵本作家)、鈴木まもる(絵本作家)、杉山明博(造形作家)の三人の作家の作品をご覧下さい。


詳細


2017.03.11 Update

ベルナール・ビュフェ再考 代表作で見るビュフェの半世紀
1952年以降、ビュフェは毎年個展のために「受難」や「サーカス」といったテーマを設定して描き、自らの表現を拡張していきました。2016年秋から翌年春にかけて大規模な回顧展がパリで開催され、相次いで重要な研究書が刊行されるなど、今まさに再評価の流れにあるビュフェ。その半世紀にわたる「テーマ」への取り組みを、当館の所蔵する代表作100点以上から再考します。


詳細

2017.01.22 Update

平成29年度学芸員実習生募集
2017年の募集要項を掲載しました。
実施は8~9月を予定しております。
くわしくはこちらから

2016.12.15 Update

第36回絵画展入賞・入選作品展「ちいさなアーティスト展」
「夏休みの思い出」をテーマに募集した毎年恒例の絵画展。入賞・入選作品257点を一同に展示します。

くわしくはこちら

こども美術館ワークショップ
2016.11.03 Update

こども美術館でのワークショップ
こども美術館では、さまざまなイベント、ワークショップを週末などに実施しています。予定は下の詳細からワークショップのページをごらんください。また館内の掲示、およびクレマチスの丘FacebookやTwitterでも発信しています。


2016.09.10 Update

ビュフェと1940-50年代 不条理に対峙する絵画 第II期
1940年代末、若き奇才としてパリの画壇にデビューしたベルナール・ビュフェの初期作品を、所蔵品から選び出して構成しています。好評いただいた展覧会を延長、大幅に作品を入れ替えました。初期ビュフェ作品の背景にあらためて目を向けながら、その表現がもっていた「衝撃」とは何だったのかを探ります。


詳細

|1|23